節約生活で月10万円貯金!全て公開します!

あらゆるジャンルの節約術を駆使して、月10万円の貯金を目指すブログです。

保険で損してませんか?最強保険10選!!

 

こんにちは、コックさんです。
みなさんはどのような保険に加入していますか。
万が一の事態に備え、保険は不可欠なものですね。
でも、家計を圧迫する大きな要因になっている方も多いのではないでしょうか。
保険の見直しをすることで、大きな節約につながります。
今回は、保険について考えてみたいと思います。

 保険の相談窓口はよくみかけるけど・・・

保険の相談をしてもらったことはありませんか?

私はこれまで数人の異なる保険会社の方に相談に乗ってもらいました。

そこで、現在のプランの見直しをしたり、新たな知識を得たりはしましたが、

結局のところ、感じたのは「この人は自分の会社の保険に加入させたいんだな」

ということでした。

私は、初めて生命保険に加入したのは社会人一年目でした。

その頃は仕事が忙しく、独身だったので、保険のことなどほとんど考えたことはありませんでした。

ある日、セールスマンが職場に保険の営業にやってきました。

セールスマンがこんなことを言っていたのが印象に残っています。

「あなたが事故で寝たきりになったとき、その負担はご両親が背負うのですよ。」

こんな脅しのようなことを言われたのですが、そのときは「たしかになあ・・」と思ってしまいました。

そして、言われるがままに様々な保険に加入してしまいました。

保険は専門性が高い分野なので、プロの言われるままに、受け身姿勢で契約をしてしまったという方も多いのではないかと思います。私はそうでした。

しかし、今になって思えば、もっともっと安い価格で、充実した保険をかけることができました。

やはり、保険はこちらから主体的に、理解したうえで買い求めるものだと

今は思っています。

 

必要な保険はどんなものか

それでは、どんな保険をかければいいのでしょうか。

これは、その人の年代や性別、職業や家族状況なので大きく異なります。

しかし、どんな状況の人でも、保険は必要だと思います。

極端な話ですが、独身で天涯孤独という方でも、必要最低限の保険はかけるべきでしょう。

まず、保険の種類を確認してみましょう。

〇生命保険

被保険者が死亡、もしくはそれに準ずる状態(事故などで身体の一部を失うなどして自力での生活が困難な状態、高度障害ともいいます)になった場合に保険料が支払われる保険です。

掛け捨て型の生命保険や、収入保障保険 などがあります。

 

医療保険

病気にかかって医療費がかかったり、大きな病気の場合は入院費がかかったり手術費用がかかったりすると、保険料が支払われる保険です。

定期と終身といった保険のかけ方に違いがあったり、がんや生活習慣病といった

特定の病気に特化したプランなどがあります。

 

〇積み立て型保険

死亡した場合や高度障害になった場合などに保険料が支払われたり、以後の保険料の支払いが不要になるなどの補償がつきながら、保険の掛け金がバックされるという保険です。貯金感覚でかけられる保険です。

学資保険養老保険金保 などがあります。

 

それでは、生命保険、医療保険、積み立て型保険のどれが必要でどれが不要かってことですが、結論から言うとどれも必要だって思います。

もちろん、個人の考えや立場によって異なってきますが、多くの人は一人で生活をしているわけではありません。

たとえ一人暮らしをしていても、家族、親戚、だれか大切な人などとつながっていきているのです。

そんなわけで、どの保険も必要だと思うのですが、保険をかける比率は異なってくると思います。基本的に掛け捨ては少なく、積み立てはしっかりとという考えがよいと思います。そうなると・・・

生命保険2:医療保険:積み立て型保険6

くらいの比率でバランスが良いと思います。

 

最強保険10選!!

 

SBI証券IDECO(個人型確定拠出年金

今私が最も注目しているのがIDECOです。これはすごくざっくりと説明すると「節税ができる積み立て型保険」ということになります。

IDECO

60歳まで保険料を支払い、その後を年金という形で支払った分のバックをもらうことになります。

所得税や住民税を軽減することができることで、ケースによっては、生涯で数百万の節税につながるようです。

老後のためにも、しっかりと積み立てができるIDECOは、超おすすめです。

 

オリックス生命保険「家族をささえる保険Keep」(収入保障保険)

こちらの収入保障保険は、支払われる保険金の金額と期間を設定することができます。

例えば、もし被保険者が亡くなった場合に、そこから20年間、毎月10万円ずつ支払われるというようにすることができます。

例)10万円×12か月×20年間=2400万円

こちらの保険は、年をとるたびに支払われる保険金が減っていくのが特徴です。

定期型保険ではいつでも定額の保険を受け取ることができますが、その分掛け金ははるかに割高になります。

保険をしっかりかけておきたいときというのは、お子さんが成人するまでといったように、ある程度期間が決まっているものではないでしょうか。

必要な保険を安い掛け金で得られたいなら、断然こちらの保険がおすすめです。

 

オリックス生命保険「新キュアサポート」(医療保険

こちらの医療保険は、掛け金がとにかく安い!

数ある医療保険の中で、選ぶならコレ!と自信をもっておすすめできます。

掛け金は増えるけど、一生涯の安心を得たいなら終身払いにしてしまえば、ある期間を払いきってしまえば、その後掛け金は必要なし!一生涯の医療保険が得られます。

 

ソニー生命「米ドル建て養老保険」(学資プラン)

こちらは正確に言うと学資保険ではありません。お子様にかける保険ではなく、保護者にかけることを想定した保険です。

ただ、こちらの保険は将来的にバックされる金額(返戻率)がとても高いのが特徴です。

外貨で支払うタイプなので、円安や円高といった国際経済にも多少影響されるでしょうが、大したことはありません!!

返戻率が128%に達するという驚異の保険です。

学資保険で返戻率が高いものは、基本的にお子様が亡くなった場合に、その後の掛け金が不要になるという保証がつくだけです。

お子さんが亡くなった場合に保険料が支払われる学資保険は返戻率が低いです。

積立貯金をメインに考えるなら、こちらの保険で間違いないと思います。

 

保険についてのランキングの書籍はとても参考になります。

何度も申し上げるように、保険金はかなりの家計の負担になりますから、

しっかりと知識を得たうえで、賢い選択をしていきたいですね。 

/
最新保険ランキング2018年下期 (角川SSCムック)

/
【完全ガイドシリーズ204】保険完全ガイド (100%ムックシリーズ)

 

人気ブログランキング参加中!!

よければクリックお願いします。


人気ブログランキング:

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、コックさんです。
みなさんはどのような保険に加入していますか。
万が一の事態に備え、保険は不可欠なものですね。
でも、家計を圧迫する大きな要因になっている方も多いのではないでしょうか。
保険の見直しをすることで、大きな節約につながります。
今回は、保険について考えてみたいと思います。

 保険の相談窓口はよくみかけるけど・・・

保険の相談をしてもらったことはありませんか?

私はこれまで数人の異なる保険会社の方に相談に乗ってもらいました。

そこで、現在のプランの見直しをしたり、新たな知識を得たりはしましたが、

結局のところ、感じたのは「この人は自分の会社の保険に加入させたいんだな」

ということでした。

私は、初めて生命保険に加入したのは社会人一年目でした。

その頃は仕事が忙しく、独身だったので、保険のことなどほとんど考えたことはありませんでした。

ある日、セールスマンが職場に保険の営業にやってきました。

セールスマンがこんなことを言っていたのが印象に残っています。

「あなたが事故で寝たきりになったとき、その負担はご両親が背負うのですよ。」

こんな脅しのようなことを言われたのですが、そのときは「たしかになあ・・」と思ってしまいました。

そして、言われるがままに様々な保険に加入してしまいました。

保険は専門性が高い分野なので、プロの言われるままに、受け身姿勢で契約をしてしまったという方も多いのではないかと思います。私はそうでした。

しかし、今になって思えば、もっともっと安い価格で、充実した保険をかけることができました。

やはり、保険はこちらから主体的に、理解したうえで買い求めるものだと

今は思っています。

 

必要な保険はどんなものか

それでは、どんな保険をかければいいのでしょうか。

これは、その人の年代や性別、職業や家族状況なので大きく異なります。

しかし、どんな状況の人でも、保険は必要だと思います。

極端な話ですが、独身で天涯孤独という方でも、必要最低限の保険はかけるべきでしょう。

まず、保険の種類を確認してみましょう。

〇生命保険

被保険者が死亡、もしくはそれに準ずる状態(事故などで身体の一部を失うなどして自力での生活が困難な状態、高度障害ともいいます)になった場合に保険料が支払われる保険です。

掛け捨て型の生命保険や、収入保障保険 などがあります。

 

医療保険

病気にかかって医療費がかか

 

〇積み立て型保険